介護付有料老人ホーム

バナー

介護付有料老人ホーム

特定施設入居者生活介護サービスは、介護保険上の指定居宅サービスのメニューの一つで、特定施設に居住する入居者が要介護や要支援状態の状態になった場合でも、施設が提供する特定施設入居者生活介護を利用することで、入浴や排泄、食事などの介護その他日常生活上のサービスの提供を受けることが可能となり、住み慣れた特定施設において自立した日常生活を継続できるようにするものです。


特定施設とは、従来、介護付有料老人ホーム、軽費老人ホームのみが適用対象施設となっていましたが、平成18年4月の介護保険法改正により、養護老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅が加わっています。これらの施設において特定施設入居者生活介護の設備に関する基準を満たし、介護保険上の申請を行い、指定認定された施設が特定施設となり、特定施設入居者生活介護サービスを提供することが可能となります。



また、平成18年4月の老人福祉法の改正により、人数要件の廃止や提供サービス要件の適用拡大など介護付有料老人ホームの定義が広げられました。

さらに、特定施設入居者生活介護に、従来からの施設が直接介護サービスを行う方法に加え、施設が委託した施設外部の居宅サービス事業者による介護サービスを行う方法の提供が可能となっています。


これによって、特定施設入居者生活介護の適用施設は大きく拡大しています。

介護付有料老人ホーム情報をお届けします。

介護付有料老人ホームは、高齢者の多様なニーズに対応したサービスを提供する自由な形態の住まいです。

エキサイトニュース関連情報を紹介しています。

Copyright (C) 2016 介護付有料老人ホーム All Rights Reserved.